中古マンション価格、上昇続く

公益財団法人東日本不動産流通機構(東日本レインズ)は、2018年7月度の不動産流通市場の動向について、公表しました。
それによると、東京都区部中古マンション成約単価は、2012年10月から70ヶ月連続前年同月をで上回りました。一方成約件数は、前年同月に比べて3.5%減少し、3ヶ月連続で前年同月を下回りました。

購入するなら今が買い時か

中古マンション価格は、前年同月比で6年近く上昇が続いていますが、実は一本調子で上がっているのではありません。というのも、中古マンションの取引には季節性があり、夏場から秋にかけて取引が減って安くなり、年末から春にかけて、取引が活発になり高くなるということが毎年繰り返されています。そのため中古マンション買取業者は丁度今頃仕入れて、リフォームして来年春に販売すると儲かる訳です。ところで、春先に売れ残ってしまうと、夏になってもなかなか売れず、在庫となってしまうケースも多々あります。買取業者は在庫を抱えていると、新規の仕入れができませんから、時には原価割れでも在庫処分するケースがあります。
ということで、毎年この時期になると、当初の販売価格から大幅に値下げした物件が出てきます。なので、業者売主の中古リノベーションマンション物件は今が買い時といえる訳です。

東中野でも、新規内装リノベーション済み中古マンションが
駅3分 95/2築 58㎡ 18年3月 5,180万円ー>18年8月4,597万円
駅3分 81/1築 48㎡ 18年4月 2,890万円ー>18年4月 2,398万円
など大幅に値下げした物件が販売されています。
中古マンションを買うなら、今がチャンスです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です