入居者の間口を広げる工夫

春の引越シーズンが終わり3ヶ月が経ちました。現在空室になっている物件は
長期空室に繋がる可能性があります。今回は、お部屋を探しているお客様から
”選ばれる”差別化のポイントについてご紹介します。

多様化する入居者ニーズ
・高齢者の増加(単身独居含む)
・外国人労働者の増加
・生活保護者の増加
・趣味、嗜好の多様化

対応策
1.入居者の間口を広げる
・外国人(入居時の審査、保証人等を考慮)
・高齢者(見守り、保険等で事業リスクを減らす)
・生活保護者(役所との連携を検討)
2.貸し方を広げる
・敷金・礼金等の募集条件を緩和
・フリーレントの実施
・更新料、家賃の軽減
3.コンセプトを変える
・ペット可、楽器可、家具付、専用庭、防災、ガレージ付、女性専用

まとめ
エリアにより様々な間口の広げ方が考えられます。
ポイントは競合物件に負けない”ウリ”を作ることです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です