中古マンション価格は再び上昇

東日本レインズは、2019年2月の不動産流通市場の動向について発表しまし た。 それによると、2 月の首都圏における中古マンション成約㎡単価は53.16 万円 /㎡と前年比で3.8%上昇し、下落した1月から再び上昇に転じました。前月比 も3.3%上昇しました。 地域別では2 月の東京都区部は76.36 万円/㎡と前年比で2.4%上昇し、1月に 続いて前年同月を上回った。都区部の成約単価は、2012年9月以来2018年11月 まで、74ヶ月連続で上昇していましたが、2018年12月に下落したものの、1月 より再び上昇しています。 中古マンション価格は踊り場なのか、それとも、今後下落していくのか判断の 難しい局面と言えそうです。 住宅ローンの貸出金利は、引き続き低金利が続くものと思われることから、大 きな下落はないものと思われます。